report9 of 慈しみ寺

flower.jpg

水害被災者援助活動

2016-10-26


スリランカ ケラニア寺院の水害被災者援助活動に対する支援のお礼。

ケラニア寺院の水害被災者援助活動に対する支援のお布施のお礼

この度は、ケラニア寺院のスリランカ水害被災者援助活動へ、ご理解とお力添えをいただき厚く御礼申し上げます。

慈しみ寺関係の支援は、皆様からのお布施、慈しみ寺およびアジア仏教文化交流センターからのお布施、更に個人的なお布施が行われました。


災害直後に、スリランカ国内の支援と日本からの個人的なお布施により、2000人の病気になった被災者の方へお薬が配られました。
そして、日本の皆様からのお布施、慈しみ寺およびアジア仏教文化交流センターからのお布施、更に個人的なお布施により、洪水で被災した200人のお寺学校の学生さんへ、学校用の制服と鞄と文具、更に小学生には靴をお配りしました。
この支援は、ケラニア寺院の僧侶の皆様方、お寺学校の先生方、ケラニア寺院の在家ボランテイアの皆様が昼夜と問わずご準備なさり、僧侶の方々お配りくださったと伺っています。
また、当山関係者では、昨年の開山法要にお出でいただいたサマーディ医師ご夫妻のご一同が、被災者の治療に当たられたそうです。

パンニャ—ロ—カ バンテ—から、皆様へ感謝のお言葉をいただきましたので、お伝えいたします。
”ケラニア寺院周辺の皆さんがお困りなった時に支えてくださり、慈しみ寺はじめ日本人の皆様の暖かいお心に感謝しています。”

水没した家屋が多く、水が引いた後も、清掃消毒と日常生活にもどるまで時間を要することと思います。

日本の皆様の慈悲の御心は、スリランカの被災者の方々、特にお寺学校の生徒さんへ力強い支援になったと思います。
そのことに少しでもお役に立てたと当山関係者一同喜んでいます。

〜すべての生命がお幸せでありますように〜







スリランカ ケラニア寺院の水害被災者援助活動に対して、支援のお布施を行います。

2016-10-26

 スリランカ国で、大規模な豪雨災害が発生し、本山ケラニア寺院へ多数の方が避難しています。当山では、ケラニア寺院の水害被災者援助活動に対して、支援のお布施を行うことにいたしました。当山会員の皆様で、このお布施にご賛同いただける方は、下記の振替専用口座にご送金をお願いいたします。


1)郵便振替用紙でご送金いただく場合
口座番号:01330-3-103503 口座名義:慈しみ寺(イツクシミデラ)
必ずスリランカ水害支援とご記入お願いします。


(2)他銀行からのお振込みいただく場合
銀行名:ゆうちょ銀行、店名:一三九 店(イチサンキユウ店)
当座預金、口座番号:0103503、口座名義:慈しみ寺(イツクシミデラ)
お振込み目的が登録できませんので、他行からのお振込みは、災害支援のお布施とさせていただきます。

皆様のご協力をお待ちしています。





「ケラニア寺院の皆様と慈しみ寺」 
 当山では、毎年広島の原爆の日に平和公園で平和記念法要を行っています。被災者含めて原爆で苦しんだすべての生命を供養し、今まだ苦しんでいる生命の幸せを願う読経会です。当山ご住職パンニャ―ロ―カ バンテ―が、ケラニア寺院にご滞在時の時は、ケラニア寺院で平和記念法要を営まれます。その時、多数のスリランカの方々が参加してくださいます。私共はいつも感謝しています。この方々に少しでもお役に立てればと願っています。

「コロンボ ケラニア川が決壊しています」
 スリランカ国で、14日より続く大雨により、四半世紀ぶりの規模となる大規模な豪雨災害が発生しています。20日の同国災害管理センターの発表では、約20万人が低地の最大都市コロンボを脱出し、40万人が国営救援施設に避難しているそうです。19日夜に同市北東を流れるケラニ川の堤防が決壊しました。慈しみ寺の本山、ケラニア寺院はケラニ川に近接し、20日現在約2000人が避難してきているそうです。慈しみ寺では、本山ケラニア寺院の被災者援助活動を支援するために、本山にお布施を申し出て、お受けいただきました。

「日本政府は」
政府は19日、大規模な豪雨災害が起きたスリランカに対し、発電機などの救援物資を供与することを決めた。また、安倍晋三首相は同日、シリセナ大統領にお見舞いのメッセージを送り、復旧・復興を支援していく方針を伝えた。

「5月20日 AFP」
 先週末から豪雨に見舞われているスリランカで、20日までに約20万人が低地に位置する同国の主要都市コロンボ(Colombo)を脱出し、40万人が国営の救援施設に避難した。



皆様のご理解とご協力をお願いいたします。