Meditation together of 慈しみ寺

HOME > Meditation together

 2015年2月慈しみ寺で初めての宿泊瞑想会が開かれました。

瞑想合宿

2015年2月20日 (金)予定

10:00 集合
10:00 ~ 10:30 礼拝
10:30 ~ 11:30 慈悲の瞑想
11:30 ~ 12:00 ブッダプージャー
12:00 ~ 13:00 御昼と休み
13:00 ~ 13:30 歩く瞑想指導
13:30 ~ 14:30 歩く瞑想
14:30 ~ 15:00 アーナーパーナサティ瞑想指導(前半)
15:00 ~ 15:15 御飲物と休み
15:15 ~ 16:00 アーナーパーナサティ瞑想指導(後半)
16:00 ~ 17:45 個人瞑想
17:45 ~ 18:00 休み 御経準備
18:00 ~ 19:00 夕方御経
19:00 ~ 19:30 御飲物 休憩
19:30 ~ 21:00 御法話
21:00 ~ 個人瞑想

2015年2月21日(土)予定

5:00 ~ 6:00 慈悲の瞑想
6:00 ~ 7:00 ブッダプージャーと御経
7:00 ~ 8:00 朝御飯と休み
8:00 ~ 10:30 個人瞑想(アーナーパーナサティーお勧め)
10:30 ~ 10:45 御飲物
10:45 ~ 11:30 歩く瞑想
11:30 ~ 12:00 ブッダプージャー
12:00 ~ 13:00 御昼と休み
13:00 ~ 15:00 個人瞑想指導(経験者)希望者アーナーパーナーサティ瞑想
15:00 ~ 15:15 御飲物と休み
15:15 ~ 17:45 個人瞑想指導(初心者)希望者 アーナーパーナーサティ瞑想
17:45 ~ 18:00 休み 御経準備
18:00 ~ 19:00 夕方御経
19:00 ~ 19:30 御飲物 休憩
19:30 ~ 21:00 瞑想御法話第2
21:00 ~ 個人瞑想

2015年2月22日(日)予定

5:00 ~ 6:00 慈悲の瞑想
6:00 ~ 7:00 ブッダプージャーと御経
7:00 ~ 8:00 朝御飯と休み
8:00 ~ 10:30 個人瞑想(アーナーパーナサィーお勧め)
10:30 ~ 10:45 御飲物
10:45 ~ 11:30 歩く瞑想
11:30 ~ 12:00 ブッダプージャー
12:00 ~ 13:00 御昼と休み
13:00 ~ 15:00 個人瞑想指導(経験者)希望者アーナーパーナーサティ瞑想
13:00 ~ 15:00 終了の法話 回向 供養
解散


※予定は進行にともない、変化されることもあります。


●瞑想修行者の戒律と行動基準

• 十戒を守る
• 菜食にする
• 修行者に相応しい服装にする
• 瞑想期間中、携帯電話とインターネットを使わない。
• 御食事・御飲み物・御休み等が御自分の御体を支える程度のみにする
• 読書をする際、瞑想に関係しないものは読まない
• 他の修行者に邪魔になるような会話・呼びかけ・笑い(声)・動き・行動・休み等をひかえる。
• 過去と未来に対する考え・妄想・悩み・後悔等から(完全に)離れる。
• 尊敬・慈悲・感謝の心のみで過ごす。
• 買い物をしない。
• 御体を飾る物をひかえる。
• 清らかな体・言・心で過ごす。
(自宅から通われる方はできるだけ気をつけてお守りください)



十戒
1、自分を含めてあらゆる生命のいのちを殺すことから離れる戒(訓練の言葉)を、私は受けて守りま   す。殺生を行わず(身体)、殺生を他者にさせず(言葉)、殺生が行われることを認めません(    心)。
2、与えられていないものを取ることから離れる戒(訓練の言葉)を、私は受けて守ります。
3、完全に性的なことから離れるという戒(訓練の言葉)を、私は受けて守ります。
4、人を混乱させる言葉から離れる戒(訓練の言葉)を、私は受けて守ります。
5、離間語(二人の相手に異なることを言い、互いに争わせること、相手の怒りを動かす言葉)から離れ  るという戒(訓練の言葉)を、私は受けて守ります。
6、悪口・相手を傷付ける・汚い言葉から離れるという戒(訓練の言葉)を、私は受けて守ります。
7、季語(無駄話・真実に反し飾りたてた言葉)から離れるという戒(訓練の言葉)を、私は受けて守り  ます。
8、貪欲(非常に強い欲)から離れるという戒(訓練の言葉)を、私は受けて守ります。
9、瞋恚(非常に強い怒り)から離れるという戒(訓練の言葉)を、私は受けて守ります。
10、邪見(非常に強い間違った考え)から離れるという戒(訓練の言葉)を、私は受けて守ります。



以下の項目について、ご心配な方は参加当日にご記入いただきますので、ご確認ください。

①持病の有無(内服薬の有無)
②緊急連絡先
③体調確認(座れない、視力聴力障害など)



2015年2月の瞑想会のようす

IMG_4183.JPG

 朝5時からの慈悲の瞑想で1日は始まります。お寺の中で、十戒を守る清らかな心で過ごすことにチャレンジするこのような時間は、長い間記憶に残る良い経験だと参加者の方々は語られます。
 お釈迦様へ尊敬の心でお食事をお布施したり、僧侶の方と接したりしていると、その言動から自然と尊敬の心が生じる事があります。また、同じ参加者の方々に感謝の心も生まれます。その心がその後の生活にも変えがたい力になります。
 学びやすいタイムスケジュールの中で、慈悲の瞑想、歩く瞑想、呼吸の瞑想の丁寧な指導を受け、実践しました。皆様真剣に取り組まれ、様々な効果を感じて帰路につかれます。
 今回が初めての開催で、年に4回開かれますので、ご興味のある方、またご質問のある経験者の方々は是非ご参加ください。初心者指導も丁寧に行なわれます。